連続ものがたりてんとう虫の一生4

  • 2007.10.08 Monday
  • 13:17


ぼくたちは、アブラムシをたべるんだよ。
アブラムシって、植物にたくさんついている小さい粒粒の虫だよ。

テントウムシの幼虫のときも、成虫になってからも、アブラムシをたべるんだよ。


連続ものがたりテントウムシの一生3

  • 2007.09.29 Saturday
  • 08:16
ぼくは、生まれました。

卵から孵化したんだよ。
大きさは、わずか2ミリだよ。
黒くて小さい虫だよ。
ほんとに小さくてうまれたばかりなんだ。

でも、ぼくは今日から自分で食べ物をさがさないといけない。
厳しい旅がはじまるよ。
ぼくたちが何を食べるか知っていますか?

よろしければ1クリックお願いします。

連続ものがたりテントウムシの一生2・・・卵

  • 2007.09.17 Monday
  • 18:21
ある晴れた春の朝、ぼくは生まれました。
卵からふ化したんです。
葉の裏に40個の小さな黄色いカプセルみたいな卵がならんでいます。
それが、ぼくたちナナほし星テントウムシの卵なんですよ。
冬を越したお母さんテントウムシが、がんばってうんでくれたんですよ。

注・ななほしテントウムシは、一度に40個から60個ほどの卵をうむようです。春になったら、観察してみてくださいね。秋にも繁殖シーズンはあります。一年に2回の繁殖シーズンがあるんですよ。春のほうがたくさんの卵をうみますが、秋にも観察できるとおもいます。テントウムシを発見したら、近くの葉のうらをよく観察してみてくださいね。黄色いカプセル状の並んだ小さい粒粒がテントウムシの卵ですよ。
よろしければ1クリックお願いします。

連続ものがたりテントウムシの一生1

  • 2007.09.13 Thursday
  • 15:48


春の野原にいる丸くてオレンジ色のかわいい虫、それがぼくです。
ぼくたちは、人間にテントウムシとよばれています。
テントウムシもいろいろいるけど、
ぼくたちは、背中に黒い点が七つあります。
それで、ナナホシテントウムシとよばれています。

人は、テントウムシを「天道虫」と書くそうです。
ぼくたちは、太陽のほうへとんでいく習性があります。
指にのせたら、指をつたって太陽めがけて飛んでいく・・・。
それで、たぶん「天道虫」ってなったんだとおもいます。

そんなぼくたちの一生の話をきいてください。

よろしければ1クリックお願いします。




連続イラスト物語予告

  • 2007.09.12 Wednesday
  • 20:20
次の

連続イラスト物語は


てんとうむしの一生

です。


お楽しみに!
よろしければ1クリックお願いします。

おもちゃかぼちゃの一生18・・・・最終話

  • 2007.09.11 Tuesday
  • 14:31
くらは、おもちゃかぼちゃを木の実やドライフラワーでかざりました。
きれいにラッピングをして、大切な人にあげました。




大切な人は、おもちゃかぼちゃをみてよろこびました。
「あれから、一年たったのねぇ」
しみじみつぶやきました。
病院の日々、おもちゃかぼちゃとともに、すごした日々でした。
おもちゃかぼちゃのかわいい姿が、大切な人をはげましてくれました。
そのおもちゃかぼちゃの子どもにこうして一年たってまた会えたのです。
感慨深げにじっとおもちゃかぼちゃをみつめました。

くらは、おもちゃかぼちゃを育ててよかったなとおもいました。
でも、育てたというよりも、おもちゃかぼちゃが自分で命をつないだんだなーともおもいました。

おもちゃかぼちゃは、こうしてまた人を癒し、そして、
また来年に命をつなぐのです。

くらの手の中には、大切な人にあげたおもちゃかぼちゃのほかに、もうひとつのおもちゃかぼちゃがあります。
今手の中にあるおもちゃかぼちゃの種で
「また、来年もそだてよう!」そう思いました。


よろしければ1クリックお願いします。


次の連続物語もお楽しみにしてください。


おもちゃかぼちゃの一生18

  • 2007.09.04 Tuesday
  • 09:00
くらは思いつきました。
誕生したおもちゃかぼちゃの子どもを、
一年前のあの大切な人にプレゼントしょう!
「きっとよろこんでくれる!」

一年前の入院の日々を、ともにすごしたおもちゃかぼちゃのこどもです。

きっとよろこんでくれると、
くらはおもいました。
よろしければ1クリックお願いします。

おもちゃかぼちゃの一生17

  • 2007.08.31 Friday
  • 11:03
いよいよおもちゃかぼちゃの収穫の日がきました。

昨年偶然購入したおもちゃかぼちゃの子どもです。

出会ってから一年たちました。
その子どもにまた、おなじ季節に出会えたのです。



あの夏の日は、大切な人が病気で入院していました。
そのお見舞いにおもちゃかぼちゃをプレゼントしたのでした。

一年たちました。
また、おなじ夏です。おもちゃかぼちゃは、命をつなげて、りっぱに実りをつけたのです。

おもちゃかぼちゃをとりました。
はさみで茎をプツンときりました。
かわいくて、少し重たいおもちゃかぼちゃです。
「こんにちは!また会えたね!育ててくれてありがとう!」
そういってくれてるようでした。





連続イラストおもちゃかぼちゃの一生16

  • 2007.08.29 Wednesday
  • 08:55


おもちゃかぼちゃは、日一日と成長していきました。

一年前のおもちゃかぼちゃにそっくりです。

水をあげたり、
うどん粉病になりかけた葉に薬剤を散布したり、
くらは、
大切にそだてました。

そして、いよいよ収穫のときがきました。






おもちゃかぼちゃの一生15・・・・おもちゃかぼちゃの結婚

  • 2007.08.25 Saturday
  • 12:31
おもちゃかぼちゃには、雄花と雌花があります。
受粉させないと実は育ちません。
くらは、そのことに気がつきました。

ある朝、雌花と雄花が同時にさきました。





綿棒で雄花の花粉をとりました。
そして、雌花にそっとつけました。

その一瞬雌花が輝いたように見えました。
記事が気に入られたら、1クリックお願いします。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

願いは、かニャう! ジョセフ・マーフィーの引き寄せる言葉
願いは、かニャう! ジョセフ・マーフィーの引き寄せる言葉 (JUGEMレビュー »)
弥永 英晃
いま,一番のおすすめの本です!秋の読書タイムにいかがでしょう!

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM